かれ~うどん&もなかVer2.5

ベンチプレス…デッドリフト……パワーマックス……あとはわかるな? 軽さは不要、筋肉の加護あれ

2016-2018年度ふりかえり

2016年度から新しい会社に移籍というか転職をいたしましたわたくしかれ〜うどんでございましたが、この度ぼちぼち三年経とうかというこのタイミングで退職、4月より別の会社で働くことが決まりました。
この三年間で起こったことを書きなぐります。




【2016年4月】
都民の森やらヤビツ病院に足繁く通いながら、第三次転職活動開始。
時期も悪くなかなか決まらず、内定もらったとこにそのまま飛びついて受諾。
4月末で転職活動を終える。
最終面接時にけっこう罵られ、年収も大幅ダウンしたがそんなことを気にしている余裕がないくらい焦っていた。



【2016年6月】
入社。
面接の時の説明と違いクソ遠い現場に飛ばされる。
幸い現場近くに黄金筋肉工場があったので早朝に通うようになる。

プリンス死亡、後継機としてF8購入。
ニート期間明けで貯金目減りしてたのによく買ったなほんとうに…



【2016年8月】
現場が移転し、黄金筋肉工場と同じビルに。
早朝ではなく毎日昼休みに通うようになる。
大井町クリテリウムエリートで速攻足切りになりなぜか変なスイッチが入り、自転車の練習時間を増やしてこちら中心の生活に移行。



【2016年10月】
GTローラー購入。
ローラー大嫌いだったのに平日毎日やるようになる。



【2016年11月】
u.D.n Racing始動。
と同時に膝をぶっ壊し、さらに胃腸炎で救急車で運ばれて入院。



【2017年3月】
VIVA☆ZAPPEI極始動。
初戦の宇都宮は鳴かず飛ばず。



【2017年8月】
仙台でE2昇格。



【2017年11月】
10年ぶりに模型を再開。
手始めにガンプラ、BB戦士から。
工具類はゼロだったので、チマチマ揃え始めた。



【2017年12月】
試走ですっ転ぶという大失態を犯し怪我。
歩行困難になったが幸い骨までは届かず。



【2018年1月】
怪我が治って練習再開。
仕事の雲行きが怪しくなり始める。
そしてこの頃から現場とは別の仕事を帰宅後に自宅でやるようになる。
これで給料も上がるはずと信じて(上がらない)



【2018年4月】
仕事がやばくなり始める。
大阪まで出張ったけど舞洲も不発。
前職辞めると聞いて勧誘してたFoil係長が参画。



【2018年5月】
仕事が完全にやばくなる。
宇都宮には行ったけど、ちぎれて終わった。
思考がおかしくなり、練習が継続できなくなった。
そうこうしてるうちに、フォロー入るどころか自社に呼び出されて社長から直々にトドメを刺される。
スマホへし折って自席に置いて行方をくらませてやろうかと思った。
自転車関係の先輩方には大変ご迷惑おかけしました…



【2018年6月】
何を思ったのか、突如一心不乱にエポパテを削ってフルスクラッチ開始。



【2018年10月】
そもそも給料も上がらないのになんで定時後自宅やらで仕事する必要があるのかわからず、ブチ切れてもうやらん宣言。
ほかにも散々文句たれてきたのに、「なにも文句言わないからよくわからん」て、それは違うんじゃないですかね

実業団継続登録はせず。



【2019年1月】
第4次転職活動開始。
もう二度と転職活動なんてするつもりなかったけど、ここまできたら是非もなし。
そんな矢先にインフルで残り少ない有給を減らす。

初めての模型展示会に参加。
弟者、Foil係長、heckunさん(?!?!?!)が来てくれて嬉しかった。
展示会自体は、わたくしレベルのエポパテから手作りした仮面ライダーなんぞお呼びでなかった…というのが正直な感想。
模型とは、結局ガンプラなのか…?



【2019年2月】
第4次転職活動終了。
最終的にいくつか内定もらって、そのうち一つを受諾。
説明通りなら今抱えてる不満は全部解消されるし、少なくとも収入面に関しては間違いなく大きく改善される。

…逆に現職の上の人たちは、わたくしのような肉塊にはこんだけ与えておけば十分、それ以上の価値はないって思ってるってことだよな。
そう考えると、クソムカつくので明日からでも出社拒否したい。





と、こんなかんじ。
結局、会社の捨て駒にされて終わりの三年間だったと思っている。

「お前が今までやってきた仕事はクズ」
「給与上がってないのはみんな同じだから。主任なんてゼロだったぜ」
「君とは合わん」
「貧乏くじ引いたね」
「なんで男のお前がそこまで家事やるのか」
「転職するのはいいけど、これから景気悪くなるから覚悟しておくんだな」

ありがたく頂戴した印象深いお言葉の数々。
しかと胸に響いたぜ(白目

フルスクラッチ 仮面ライダーZO 製作記録

Amazonプライムを見ていたら、「あれ、昔見たことある映画がある…?」
エエハイ、仮面ライダーZOでした。
改めて見てみたら、シンプルすぎるカッコよさ。
決めた、これだな。

IMG_5483
FullSizeRender
FullSizeRender

一息で顔を削る削る。
前から思ってたけど、わたくしこういう段々ディテール作るのが好きなんですな。

FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_5490

勝手知ったる複眼をつける。
ここまでで1日目終了。

IMG_5492
IMG_5493
IMG_5494
IMG_5495
IMG_5496
IMG_5497
IMG_5498
IMG_5499
FullSizeRender

2日目、頭部のディテール詰めから。
段落ち作るのも超楽しい。

IMG_5505
IMG_5507
IMG_5508
IMG_5528
IMG_5529

全身各部の金ラインを彫り始める。
たぶん今までだったら、ある程度整えた素体に光硬化パテを盛りつけてラインを作っていた。
今回はあえて全部削り出し、こっちの方が精度出るんじゃないかと思って。

IMG_5526
IMG_5532
IMG_5534

あとは気合い。
ひたすら彫って削る。

IMG_5621
IMG_5622
IMG_5623
IMG_5624
IMG_5625

捨てサフ。
ちょいちょい磨きながら進めてきたので、案外きれい。
ここまでで4日。

IMG_5626

胴体はいつもベルト部を境に切り分けて可動化してたけど、ZOはベルトない上に腰が変わった形してるので、できる限り自然に体を捻ることができるように三段構造にした。

IMG_5536

なんとなく腰が入ったポーズをとらせやすくなった。

IMG_5538

最終日、5日目。
ある程度整ってるとはいえピカピカにしたいので、いつものくたびれた神ヤス400で捨てサフを引っぺがす。

IMG_5539
FullSizeRender

磨きながら、考えあぐねてた展開状態のクラッシャーを作る。
結局顔面に直付け。
ちょうど顔の凹凸に引っかかって張り付いてくれる。

IMG_5543

パーツはこれだけ。
武器類やフォームチェンジパーツがないので総数が少ない。

IMG_5544
IMG_5545

ZO本体の緑にも青にも黒にも見える絶妙な色合いは、瓶生で探したものの今ひとつピンとこなかった。
仕方がないので滅多にやらない調色をやる。
買ってきたそれっぽいグリーンと、あり合わせのブルーとブラックを適当に混ぜて作った。

FullSizeRender

頭部の段々ディテールはホワイト。
ただ塗ってもつまらんので、やりすぎない程度にグラデーションを入れた。
わたくしの激安コンプレッサーでも圧の調整はできるので、低めに調整してチマチマ細吹きで塗った。

IMG_5547
FullSizeRender
IMG_5549

全身の金ラインはゴールド→クリアイエロー。
数が多くて辛かったけど、頭部以外は筆塗りで対応。
結局マスキングは頭部以外やらなかった。

IMG_5557
IMG_5558
IMG_5550
IMG_5552
IMG_5553
IMG_5555

完成。
劇中のZOは下半身がドッシリしていたので、デフォルメ体型ながらそれっぽい形を目指した。

突貫製作ながら結構きれいにできた。
何度でもいうけど、元デザインのこのグリーンに金ライン、赤い複眼とコア、カッコよすぎる。

IMG_5600
FullSizeRender
IMG_5601

平成ライダーとはまた違ったカッコよさ、楽しさだった。
超満足。

IMG_5556


以上、仮面ライダーZOでした。

フルスクラッチ 仮面ライダー電王ソードフォーム 製作記録

ずっと作ってみたかった電王、やるなら平ジェネを見た今しかねえ!ということで着手。

IMG_5355
IMG_5357
IMG_5360
IMG_5361
IMG_5363
IMG_5367

実は電王を作ろうとしたのは初めてではない…
クウガを作り始める前、やってみたものの特殊な複眼の形と顔の構造で手詰まって挫折してしまった…

今回もまた複眼どうするか悩んだ結果、一度硬化させてからパターンを「削り出し」てからいつも通りUVレジンでコートした。

眉間のモールドはナイフと根性で削り出し。

FullSizeRender
IMG_5395

顔さえできてしまえばこっちのもの。
勢いに任せて胴体を削り出す。

足首の構造だけ変更。
いつものスリッパみたいな形をやめて、普通の靴のようなものを作ってリューターで削って、深いところに関節を仕込む。
これなら関節位置がスリッパとあまり変わらず、自然な形を作れる。

IMG_5396
IMG_5401
IMG_5402
IMG_5403
IMG_5404
IMG_5405

なにやら今までになく、自然なポーズが可能になった。
デフォルメ感は初期と比べると足がものすごく小さくなった。
頭身は一貫して三頭身。

二重になってる肩パーツは、胸から伸びたウイング状の方は胸に直結非可動、内側の丸い方は別で薄く作って肩関節に両面テープで直付け。
いつものネオジム磁石式より薄くて、ポロリしづらくて、かつよく動く。

IMG_5413
IMG_5414
IMG_5415
IMG_5416
IMG_5417
IMG_5427

捨てサフ。
だいたい思い描いた通りの形になった。

IMG_5432
IMG_5431
IMG_5429
IMG_5430
IMG_5433
IMG_5434

デンガッシャーは変形合体こそ諦めたものの、「俺の必殺技パート2」をやりたくて剣先を別パーツ化。
エフェクトパーツを透明プラ棒を炙って作った。
珍しくプラ板だけで作った武器だったけれど、しっかり接着して積層してしまえばエポパテとそう変わらない。

IMG_5437
IMG_5438
IMG_5439
IMG_5440
IMG_5441
IMG_5444

武器が出来上がって、ひとしきり遊ぶ。
ライダーパスを右手で持ち、左手でデンガッシャーを持ってることも多かったので、珍しく握り手を左右作った。

IMG_5445

11作目のカブト以降、念入りにやってる磨き。
くたびれた神ヤス400で磨く磨く。

IMG_5453
IMG_5454
IMG_5455
IMG_5456
IMG_5458
IMG_5457

着色。
メタリックカラーが主体なわけではないので、思っていたより地味かな…?
平ジェネでも印象的だった後ろ姿を頑張ったつもりだったけど、塗りが甘くて残念。

IMG_5459
IMG_5460
IMG_5461
IMG_5462
IMG_5463
IMG_5464

デンガッシャー周りもだいたい思った通り作れて満足。

IMG_5465
IMG_5466
IMG_5467
IMG_5468

ディケイドやらモモタロスやらと絡ませて遊ぶと楽しい。

IMG_5481
IMG_5571

以上、仮面ライダー電王ソードフォームでした。


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ