かれ~うどん&もなかVer2.5

ベンチプレス…デッドリフト……パワーマックス……あとはわかるな? 軽さは不要、筋肉の加護あれ

DOGMA F8乗車感想文

気が向いたら、わたくしのお胸の
アスリチューンロゴの辺りをポチッとお願いいたします押忍!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

にほんブログ村




新車乗り倒したい欲に、先日の大井町クリテリウムにてボロッカスに大敗を喫した悔しみも相俟って、わたくしにしては珍しく今週は実走夜練を連発しております。
これをローラーに括り付けるのはまだちょっと憚られるので…

一週間乗ってみて、さすがにいろいろ思うところがございましたので本日は乗り回してみた感想を、


主に今は亡きマイプリンスロッキーとの比較で綴ります。
パーツをそのまま移植したので当たり前ですが、フレーム以外は全く同条件なので比較もしやすいかと思います。

もっとも、筆者たるわたくし自身が自他共に認めるハイパー鈍感脳筋野郎でございますので、以下の感想文の品質と精度は保証いたしかねます、ご了承くださいませ。



超硬え
 
納車当日、初めて跨ってみたときから感じていましたが、このフレーム超硬いです(小並感
プリンスは全然しなることがなく、かなり硬い部類だと思っていたのですが、それより上をいくのでしょうね。

よく「硬いフレームやホイールは、反応はいいけど脚が削られる」と申しますが、わたくしの場合まず異変が現れたのはでした。
大井町クリテの試走の際、早々に腰が痛くなって何事かと思ったのが始まりでしたが、おそらくフレームの剛性に不慣れな(そしてペダリング技術の未熟な)わたくしの最も弱い部分である腰に全部跳ね返ってきていたのでしょう。
普段はヒルクライムくらいでしか腰痛くならないのですが…
でもまあ、体に顕著に影響がでるくらい、剛性に違いがあることの証明にはなったのではないでしょうか。




ダンシングで進む進む

ここでいう「ダンシング」は、ゴールスプリント等のフルパワーダンシングではなく、ちょっとした坂や立ち上がりの加速時に使う軽めのダンシングです。

というかわたくし、ことある度に必殺B(ベンチ)P(プレス)D(ダンシング)などとほざいているわりに、実は今までダンシングって結構苦手意識があってあんまり使わなかったのです。
坂道でのダンシングはとりわけ苦手で、立ち上がったが最後みるみる失速し疲労蓄積が進行するだけなので、ヒルクライムのときなんかも積極的に立ち上がることはありませんでした。

ところが、DOGMAですとダンシングが非常に気持ち良いのです。
先述しましたが、プリンス乗ってたときもウィップ感?つーんですか?を感じたことはなかったので剛性不足だと思ったことなんてなかったのですが、DOGMAの方はなんといいますか、デッドウェイト満載のわたくしの77kgの体重を全部受け止めて車輪まで伝えてくれている感じが強いです。
大嫌いな尾根幹の信号スタートからの登りが、かなり楽になりました。

これは納車時に言われたことですが、「ジオメトリはプリンスと同じでも、剛性が違うから踏み込みのタイミングがズレるかも」とのことでしたが、もしかして逆にズレて丁度良くなった…?
いずれにせよ、これもフレームの剛性の恩恵でしょうか。


まだちゃんと試していないのですが、必殺BPDも試してみたいですね。



クランク?BB?あたりに不思議な軽さを感じる
 
都民の森とかヤビツとか、そういった長い本格的な登りではまだ試していませんが、その辺のちょっとした坂をシッティングでクルクル回して登ると、クランクのあたりになんだか不思議な軽さを感じます。
もちろんフレームの重量はプリンスと比べるまでもなくDOGMAの方が軽いのですが、たかだか数百グラムの重量差などわたくしの抱えたデッドウェイトの前では誤差にもならないレベルでございます。

いったいなんなんですかね(白目
よくわかりませんが、都民の森へは今週土曜日に行ってみるので、何かわかるかもしれませんね。



剛性アップと空力特性向上が効いてる…のか…?
 
ピナレロの公式サイトにはこのようなことが書いてあります。

DOGMA 65.1と比較して12%剛性アップ、+16%のバランス最適化、120gの軽量化、47%の空力特性向上。

比較対象がプリンスではなく先代DOGMAですが、12%の剛性アップですと…?
プリンスとくらべるともっと上がってるんだろうか。


目下、尾根幹走っただけで調子に乗ると腰がすぐに痛くなるのですが、剛性上がった分体にパワーが跳ね返されて、それでもなお跳ね返ってきたパワーを抑え込んでフレームに叩き返すだけの圧倒的な体幹の力が必要ということでしょうか。
チームの大先輩に、「フレーム買うならハイエンドを買ってはいけない。プロ向けだから、剛性が高すぎる。セカンドグレードかエントリーグレードの柔らかい、脚に優しいフレームにした方が、良い結果が出せるはず」と言われたこともございました。
これは本当の意味で乗りこなすのに相当な修行が必要なのかもしれませんね。
ドラゴンフラッグとデッドリフトは大好物ですよがんばります。

あとあと、47%の空力特性向上…?
たしかに尾根幹の下り、スピード出しやすくなった気がするけど…
これについては、日曜日の彩湖ワンナワーで使ってみればハッキリしますかね。

いずれにしても、なんだかプリンスと同じように踏み込むと、持ち前の体重全部受け止めてプリンス以上にガッと進む、そんな気がしてならないのです。
また、平坦や坂道での叩き合いで使ってみたあと、感想書くかもしれません。



プリンス帰って来れば改めて乗り比べできるんですけどねえ…(意味深
よろしければ、以下のバナーをぽちっとクリックをお願いいたします!
わたくしの勤労意欲が無尽蔵にアップいたします!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

にほんブログ村 

大井町クリテリウム 絶体絶命エリート編

気が向いたら、わたくしのお胸の
アスリチューンロゴの辺りをポチッとお願いいたします押忍!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

にほんブログ村




女子集団走行チャレンジ編の続きでございます。



そもそもなんでわたくしごときがエリートにエントリーしたのか
 



それは、今から遡ること3ヶ月前のこと…
3月の大磯クリテリウム第6戦、エキスパートクラスに出場した肉塊わたくしは、ファイナルラップのバックストレートでの位置取りが功を奏し4着でゴールいたしました。

大磯クリテにおいては、5位以内に入った選手は次回から一つ上のクラスに上がってねというルールがございますので、4月の最終戦はエリートクラスにエントリーしておりました。
ただこの最終戦の当日は朝から天気が大荒れで、トンデモねえ強風と豪雨により中止になってしまいました…

そしてこの大井町クリテリウム、主催者もクラス分けも大磯と全く同じでございます。
完全に別レースと割り切ってクラスを上げたり下げたりする方もいらっしゃいましたが、わたくしは愚直に大磯のクラスをそのまま引き継いでエントリーいたしました。



スタート前



このクラスともなると、皆様スターティンググリッドの取り合いなどしないのですね。
わたくし出遅れながらも空いてた最前列を確保できてしまいました…

近くにはバズーカ砲カメラを構えたBASSさんがいてくださったので大変心強かったです。
また、あたりを見回すと大磯でご一緒したことのあるお方もお見受けいたしました。
緊張して余裕がなく、話しかけられずじまいだったのが悔やまれます。


震える手は、腕組みで隠すんやで…




レーススタート!したけれども…
 


号砲が鳴り、まずは一周ローリング。
スタート直後の登りからして、すでに嫌な速度で突っ走る集団。
最初こそ先頭付近にいましたが、いつぞやピュアビギナーに出た時のようにローリング中だというのにボロボロとポジション落としまくり、ローリングが終わる頃にはかなり後方に追いやられてしまいました。


続く2周目、やはりホームストレート側の登りが、斜度は大したことなくとも集団の速度がヤバイのでみるみるポジションを落としほぼ最後尾へ。
下りで多少ポジションあげてみようともしましたが、登りで削られたわたくしの脚では大したジャンプアップもできず…
3周目だったか、4周目だったか、ついに耐えきれず、


ちぎ…れた…ッ



初めての一人旅、そして足切り
 


そこから先はもう、ほとんど一人旅。
クリテリウムにおいて、集団からこぼれ落ちることってほぼ無かったのですが、まさかこんなに早く脱落するとは…

16周なんてあっという間に終わると思ってたのですが、MCの方の「残り10周!!残り10周!!」の言葉を聞いた時は既に限界でした。



自陣の前を通過するたび、センパイ方が応援とともに足切りまでの残り時間を伝えてくださりました。
その秒数は、周回を重ねるごとにえげつない勢いで減っていっておりました…
そりゃあそうです、先頭は本物のエリートかつ集団、対するわたくしはド素人肉塊かつ単独なのですから…


6周目?7周目?くらいになってようやく他の方と合流。
お一方から「回していきましょう!」とお声がかかり、3人でグルペット?を形成してなんとかレースから降ろされぬように走りましたが、その矢先にゴール前で回収されてしまいました…

ガーミンのLAPの項目には「7」の文字。
結局、半分も走らせてもらえなかったことになりますね…
エエハイ、ここでわたくしのレースは終了です。
足切りされたのは、わたくしいくつかレース出てきましたが初めての経験でした。



すべてが、足りない


その後も先頭集団はみるみる人数が絞られていき、最終的には6名しか残らなかったようです。
わたくしはゴール前で回収されたので、先頭集団のゴールスプリントを間近で見ました。

あんな速度で走っていたのに、そこからさらに加速して、頭を下げて、ハンドルを振って、歯を食いしばって、登り基調だというのに凄まじい速度でゴールに突っ込んでいくエリートの選手の皆様…
クッソ鳥肌が立ちました。

仕掛けどころを間違えたとか、スプリントが伸びなかったとか、位置取りに失敗したとか、コーナリングをしくじったとか、そんなレベルではなくなんというかもう全部が圧倒的に足りないことを痛感いたしました。


他レースや他クラスで多少入賞して、エリートクラスに出ることになって、チャリンコ新しくなって、調子に乗っていたんじゃないですかねわたくし。
そういったゴミカスみたいな気持ちは今回根元から叩き潰して頂きました。
練習を重ねて、半年後か1年後か、大磯か大井町かわかりませんが、またこのクラスに挑戦できるよう頑張ります。



一緒に星、背負いませんか?
 


先週すでにお知らせをいたしましたが、当チームVIVA☆ZAPPEIは現在新規隊員(というかジャージ着てくださる方)の募集が始まっております。

募集要項:

一緒に星背負って、突っ走りませんか?
一緒に星背負って、表彰台を赤く染めてみませんか?
一緒に星背負って、バーベル担いでみませんか?
わたくし個人的にはベンチプレス大好きマンデッドリフト絶対挙げるマンの御入隊を心よりお待ち申し上げております。

わたくしもしかすると、業を煮やしてTwitterやLINE、Facebook、直接筋肉に語りかける等の連絡手段用いて勝手にお誘いをするかもしれません。
エエハイ、そこのアナタですよアナタ。



どうにか練習量増やさないとおおお
よろしければ、以下のバナーをぽちっとクリックをお願いいたします!
わたくしの勤労意欲が無尽蔵にアップいたします!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

にほんブログ村

大井町クリテリウム 女子集団走行チャレンジ編

気が向いたら、わたくしのお胸の
アスリチューンロゴの辺りをポチッとお願いいたします押忍!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

にほんブログ村



昨日は神奈川の大井松田で開催された大井町クリテリウムに参加してきました。
主催者はウォークライドさんですし、きっとコースも大磯みたいな感じなのだろうという楽観視からのエントリーでした。

当チームからはピュアビギナー、ビギナー、女子スポーツ、スポーツ、ミディアムにセンパイ方が出走。
当家はBOSSが女子集団走行チャレンジに、わたくしがエリートにそれぞれエントリーいたしました。

当ブログでは主に当家の出来事をわたくしの主観で綴ります。




早朝一発目
 


到着後一発目にチーム隼ATHLETUNEさんの熱い走りを拝見。
会うたびに逞しくなっておられる…!
おっさんのわたくしにも良い刺激が入りました!



今回当チームはコースの中洲に陣地を設営。
ただ、駐車場から結構遠かったのでテントも幟もナシ…
ビニールシートと折りたたみの椅子を広げてピクニック形式でございました。
陽射しがちょっと強かったですが、気持ちよかったです。
朝のうちは…(笑)



試走してみたところ…
 

1周約1.2km。
やや傾斜したオーバルコース。
ヘアピンがあり、正しい速度コントロール技術が必要。

そういう触れ込みで、いざコースイン。
するとなんということでしょう。
ホームストレート側が、ほとんど登りじゃあございませんか。
道幅はそこそこ狭く、路面状況もけっこうガタガタであまり良いとは言えない状態。
そして二箇所のタイトなコーナーは立ち上がってすぐに登り。
斜度こそ大したことないですが、ここでレースするとなると肉塊わたくしはこりゃあいかんですよ…



女子クラス、混走でスタート
 
いかんせん陣地からスタート地点までがえらく往来しづらく、わたくしは諦めて陣地付近から応援と撮影をしていたため、詳しい状況はわかりません。
が、女子スポーツ、女子ビギナー、女子集団走行チャレンジは人数が少なかったためか混走になりました。
どうやってスタートしたんだろう…


女子集団走行チャレンジクラスは5周回。
基本的にコーチと一緒に集団走行練習して、最後の1周だけ全力を出すという形式のレースだったようです。


そして終始すずしい顔して周回をこなすBOSS
もとよりコーチ含めて4人でのスタートでしたが、4周目くらいにはほとんどコーチと2人で走っているような形に。
ホームストレート側の登りが味方したか…?


なんて思ってる間にファイナルラップ。
先頭に立っていたコーチも少しさがり、バックストレートへのコーナーを先頭で駆け抜けていくBOSS
2番手の選手ははるか後方…
ゴールはここからだと見えないけど、これはいけるで!!



BOSS、初優勝


そういうわけでして、クラスこそ女子集団走行チャレンジではございますが、当かれ〜うどん家からわたくしに続いて2回目の優勝が出ました。
表彰台の真ん中に立つあのカタルシス?つーんですか?は、何物にも変えがたいものがございますよ。
わたくしももっとがんばらないと脱個性モブ化が取り返しのつかないレベルになっちまいますよ


その前後も当チームのセンパイ方は隊長をはじめとしてガツガツ入賞を連発。
ピュアビギナー、ビギナー、女子スポーツではそれぞれ表彰台送りの隊員が続出いたしました。

この流れは見たことがある…
去年の12月の大磯第3戦と同じや…


乗ってるチャリと、付けてるゼッケンだけはご大層な肉塊わたくし、果たしていつぞやのように最後を締めくくれるのでしょうか。
いやまあ、結果はすでにアレなんですけども。



絶体絶命エリート編に続きます。



DOGMAの調子は、当たり前ですがとっても良いです。
よろしければ、以下のバナーをぽちっとクリックをお願いいたします!
わたくしの勤労意欲が無尽蔵にアップいたします!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

にほんブログ村

 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ