かれ~うどん&もなかVer2.5

ベンチプレス…デッドリフト……パワーマックス……あとはわかるな? 軽さは不要、筋肉の加護あれ

セミスクラッチ 飛駆鳥大将軍 製作記録

古の昔(11年前)、 遊びこそがすべてであり、 合気の教えと夜を司る酒が支配する大学生と呼ばれる時代があった…
そんな時代に、何を血迷ったかパテとプラ板とジャンクパーツと情熱を寄せ集めて作った飛駆鳥大将軍の製作記録。
長え…

V6010270

記録によると、作業開始は2007年1月10日。
手始めにジャンク箱から武者飛駆鳥と武零斗のパーツをあさる。
今にして思えば、こんな半端にジャンクパーツ流用するくらいならスクラッチした方が速かろうに。

V6010271
V6010272
V6010273
V6010275

硬化速度に惹かれて、最初は慣れないポリパテで形を作っていった。
気泡だらけで四苦八苦。
適当にジャンクパーツを漁って仮付けして雰囲気を探ってみる。

V6010276

さらにジャンク箱を漁って、飛駆鳥の兜と羽荒斗の肩鎧、呪導武者クラヤミの爪をベースにポリパテを盛る。
うーーーーn微妙

V6010278

V6010281

ツノはなぜかエポパテ。
肩鎧のシャキーンとした部分をプラ板で作ってテンションが上がる。

V6010282
V6010283

下駄、鳥、羽の基部、胸鎧を付けて全体像のイメージを膨らませる。

V6010284
V6010286

ちょっとずつ細部の形を出していく。
この頃から完全にポリパテ使うことを諦めた。
ろくに削り出しをやったことのない時期だったので、羽の基部のエポパテを削るのに心がへし折れて最初の製作中断に突入。

V6010300
V6010301
V6010303

約一年の時を経て、2008年4月に中断から復帰。
時期的には就活が終わった頃だろうか。
全身グッっっダグダだったので、エポパテとプラ板でほぼ作り直し。

V6010304
V6010305

鎧の方も。
この辺でエポパテ削り出しの楽しさを知った。

IMG_0098
IMG_0099

各部整ってようやくそれらしい形になってきた。

IMG_0100
IMG_0101

一番でかい羽をプラ板でとりあえず作ってみて、ようやく全体像が見えた。
が、ここでこの羽どうやって作りこむんだかイメージが全然できなくて心がへし折れ二度目の中断。

IMG_0102
IMG_0103

さらに半年後、2009年1月に作業を再々開。
大目牙閃光撃砲をまたまた鉄鋼迦楼羅のジャンクパーツを芯にしてでっち上げ。
重すぎて、軽装タイプでの自立が困難になった。

IMG_0104
IMG_0105
IMG_0106
IMG_0107

ここからは細部を煮詰めていく作業。
机の上がカオス、胸鎧の残骸が見える…

IMG_0108

合間にプラ板から討魔八絋剣を削り出しつつ、

IMG_0109
IMG_0110
IMG_0111
IMG_0112
IMG_0113
IMG_0115

この辺でようやく、パテの塊に線を引くように縦にナイフ入れて、横から切って、荒いヤスリで整えればわりかし思った通りの形にできることに気づく。
烈旋丸何回か作り直した。

IMG_0116

プラ板にエポパPRO軽量タイプを盛り付けて削り出し。

IMG_0117
IMG_0119

あともうちょっとだ…

IMG_0120
IMG_0121

(当時にしては)念入りに表面処理をして、缶スプレーで塗装開始。

IMG_3025
IMG_3026
IMG_3030
IMG_3031

軽装タイプ。
メタリックブルーが案外綺麗。

IMG_3005
IMG_3006
IMG_2997

鎧を着込むとあんまり動けなくなるけど、肩羽ツノをでっかく、本体小さめ好みのバランスにできた。

IMG_3039
IMG_3038

マスクは武零斗のものをそのまま使用したので着脱可能。

IMG_3023

パケ絵っぽく。
学生時代の半分近く掛かって作っただけあって、完成した時はけっこう脳汁が出た。

このごろはフルスクラッチライダーばっかり作っているけども、多少上がった(?)技術でまたBB戦士の改造もしたいと思っている。

フルスクラッチ 仮面ライダーアマゾンシグマ 製作記録

アルファオメガを作ったんだから当然シグマも作りたい、当然。

そういうわけで、いつも通り頭部から作り始める。

IMG_3995
IMG_3997

大枠はだいたいアルファと同じ形だけど、手持ちのおゆまるで複製してうまくいくとも思えなかったのでまた1から削り出す。
一度作った形なので進みが早い。

IMG_4213

アマゾンズドライバーだけオメガから一部複製。

IMG_4233
IMG_4234
IMG_4236

適当に胴体のウネウネしたディテール彫り込んで、四肢作成。
肩の接続はBLACK RXと同じマグネット式にしたので従来に比べてだいぶ小型で肩関節の可動範囲の自由度も高い。
あと作るのが楽。

IMG_4238

アルファよりも鼻っ面を短く、顔のパーツを中央に寄せた。

IMG_4253
IMG_4254

全身のホネホネトゲトゲモールドはエポパテの追加盛りでどうにかする算段だったものの、細かくて盛り付けが困難だったので結局光硬化パテに逃げた。
背中のうねった模様は丸針でそれっぽく削るもののあんまりうまくいかず…

IMG_4286
IMG_4287
IMG_4288

頭頂部のトゲは鋭く鋭く。
ここのホネホネは技術不足で再現しきれなかった。

IMG_4285
IMG_4297

アマゾンズドライバーほか細かいところを煮詰めて塗装へ。

IMG_4301
IMG_4302
IMG_4338
IMG_4341
IMG_4342

全身シルバーだったのであまりマスキングもいらず時間がかからなかった。
オレンジのグラデーションはコンプレッサーの圧を適当に下げて細吹きでちまちま塗った。
案外綺麗にできた。

IMG_4304
IMG_4303
IMG_4456

紫色の煙がよく似合って撮ってて楽しい。

IMG_4309
IMG_4406
IMG_4351

アルファくんと並べるとブンドドが捗る。

IMG_4326

アマゾンズ1stシーズンのアマゾンは揃った。
次は2ndシーズンのネオ作りたいけど、バイザーの再現方法がまだ思い浮かばず着手できていない…

IMG_4380

エポパテチビライダーズもそこそこ増えてきた。
登場作品にとらわれず、気の向くままに増やしていきたい。

フルスクラッチ 仮面ライダーBLACK RX 製作記録

フルスクラッチ5作目。
アマゾンアルファアマゾンオメガアギトクウガと時代を逆行してきて、ついに昭和世代に突入。
わたくしの記憶に残っているライダーといえばまさしく彼であった。

IMG_3654
IMG_3656
IMG_3660
IMG_3704

いつも通り、頭から製作開始。
わりかしスムーズに進んだものの、ちょっと気合が入り過ぎて他ライダーに比べてひと回りほどでかくなってしまったので削って小型化。
触覚は2mmのプラ棒。
根元をエポパテで固めて、真鍮線で本体に接続。

IMG_3713
IMG_3716
IMG_3724

多少シュッとした。

IMG_3952

もちろんリボルケインも作った。
3mmプラ棒にエポパテで鍔つけて光硬化パテで細部をでっちあげ。
持ち手は試験的にセメダインのプラ用エポパテを使ってみた。
硬化後も柔軟性があるので持ち手には最適。
ただその柔さから削るのがちょっと面倒。
関節部に使ったらヘタリ防止になるかと思ったけどそんなことはなかった。

IMG_3968
IMG_3969

隈取りやら頭中央部やらを光硬化パテで形を作って、それっぽい顔になってきた。

FullSizeRender

サバラブラァッ!!の右手も作って、だいたい造形作業完了。
個人的には足首周りのツライチ感がうまくできたと思っている。
肩アーマーの接続方法を肩関節共留めからマグネットに変えたので腕の自由度が飛躍的に上がった。

IMG_4005
IMG_3983
IMG_3985

着色。
クリアレッドをクレオスからガイアカラーに変えたらとても良い透明度の高い複眼が作れた。
頭の中央部の色は黄色ともグレーともつかぬ不思議な色だったので、クリアブラックとクリアイエローを適当に混ぜた。
胸のエンブレムは間違えて白で塗ってしまったけど後にゴールドで塗り直した。

IMG_3988
IMG_3993
IMG_3994
IMG_4011
IMG_4119
IMG_4121
IMG_4123
IMG_4125

リボルケイン、リボルクラッシュ遊びがとても楽しい。

IMG_4133
IMG_4135
FullSizeRender
IMG_4137

仮面ライダー、
ブラァッ!!
ア゛ーッ!!
エ゛ッ!!

の名乗りポーズ

IMG_4274

IMG_4276
IMG_4265
IMG_4334

フィギュアーツのRX、ブラックと並べても楽しい。
ブラックさん、哀しみの王子、怒りの王子も作って四人並べてエポパチビライダーズ世界に駆けるを実現したい。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ