かれ~うどん&もなかVer2.5

少しの発想とエポパテだけあればそれで。

フルスクラッチ 仮面ライダーレンゲル製作記録

ブレイドカリスギャレンを作って、レンゲル作らないとかいう選択肢は存在しない。
なあそうだろ!!!


 

 


IMG_7626
IMG_7644
IMG_7647
IMG_7650

もはや語ることはない(ある)

IMG_7651

レンゲルのこの帽子みたいな頭は難しそうだったけど、球体にエポパテの板を巻きつけるように作ってみたら案外それっぽくなった。

IMG_7653

ウェーイ

FullSizeRender

複眼は例によって大きめに。
先輩方よりもタレ目を強調してみた。
段落ちとスジボリ入れたらほぼほぼレンゲルになった。

IMG_7672
FullSizeRender

顔ができたので、首から下をガシガシ作っていく。
この肩を作るのが楽しみだったんだよ。

FullSizeRender

大まかに面出ししたら下書きして、

FullSizeRender

線をナイフでなぞって、

FullSizeRender

入れた切れ目をガイドに横からナイフを入れて削る。

FullSizeRender

最後にヤスリで整えて、段落ち完成。
わたくしはこのやり方しかできない。

IMG_7702
IMG_7703

レンゲルラウザーを試作。
先端の開閉と本体の伸縮ギミックを再現したい。
ひとまず3mmプラ棒にエポパテを薄く巻いて硬化させて、伸縮できる本体のベースを作った。
プラパイプも考えたけど彫るのが大変そうなのと、プラ棒との合いがどうなんだろギチギチなんじゃあないかと思って使わなかった。

IMG_7704
IMG_7705

大きさはこんなもんかな。

IMG_7740

レンゲルバックルをカリカリ削り出し。
クローバーマークが地味に大変…

IMG_7744

全身に丸ポチをつけてつけてつけまくる。
胸肩首あたりの密集した感じがとても好き。
遊ぶとき大変そうだけど…

IMG_7742
IMG_7754
IMG_7755

手脚は短いけど、長もの持たせるとハッタリがきく。
素体の作りはここ最近のものに寄せているのでぐねぐねよく動く。
今の素体バージョン幾つなんだろうなあ今度数えてみよう

IMG_7765
IMG_7776
IMG_7783
IMG_7784
IMG_7785

本体だいたい削り終えたかな。
あとはレンゲルラウザーか…

IMG_7796

3枚の刃をプラ板積層で作った。
飾り部分は0.2mmプラ板ででっち上げ。
円形は難しい…

IMG_7797

柄に模様を彫り込んだりして、

IMG_7798
IMG_7799

できた。

IMG_7800
IMG_7802
IMG_7805

カードの収納展開がないぶんブレイラウザーやギャレンラウザーよりも楽かと思ってたけどそんなことはなかった。
さて色塗るぞ。

FullSizeRender

複眼はクリアレッドとクリアパープルを薄く重ねて、赤でも紫でもない微妙な色を探した。

IMG_7824
IMG_7825

レンゲルラウザー、若干塗装ハゲが怖いけどこんなもんかな。

IMG_7826
FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_7834
IMG_7833
IMG_7831
IMG_7832

金色部分にはガイアのスターブライトゴールドを使用。
ビカビカして良い。

IMG_7835
IMG_7838
IMG_7837
先輩方を相手にイキリ散らすムッキー。
作ってよかった超楽しい。

BOARD系ライダー三作目だけあって、完成が妙に早かった。

IMG_7858
ついに揃った仮面ライダー剣のメインライダーたち。
同一作品のキャラクターでこんなに揃えたのは初めて。
並べて撮るのがとても楽しい。

次会、『心に剣、輝く勇気』編に続く…


 

フルスクラッチ コイル製作記録

わたくし現在30過ぎのおっさんでして。
小学校3年生くらいの時にポケモンが大流行りしたものの、ゲームボーイを持っていなくて流行りに乗れず、64でポケモンスタジアムと64GBパックが出てようやくやったポケモンがピカチュウバージョンでしたね、エエハイ。
その当時から一度も使ったことなかったし考えたこともなかったんですがね、ある日唐突に、目に入ったコイルが急に可愛く見えまして。

ああこれだ、作ろう。

IMG_7674
「気晴らしにパチ組み」というのはよく見かけるけど、わたくしはプラモデルを組み立てるというあの作業が好きではなくストレスしかたまらないのでやらない。
代わりに、こういうちょっとした小さいものを思いつきで削り出すのが気分転換になる。

「らくがき」ならぬ「らくぞうけい」というらしい。

FullSizeRender

パーツ構成は本体の球体、U字磁石×2、小ネジ×2、大ネジ×1といったところか。
適当にエポパテを捏ねて合体させてみる。
これならいけそう。

IMG_7711
IMG_7712
IMG_7713
IMG_7714

各パーツをパパッと削り出し、面出しして再び合体。
U字磁石の基部はホビーベースの球体ジョイントミニの1番小さいやつを使って可動化した。
折れそうで怖いけどまあよし。

IMG_7719

ついでにモンスターボールも削り出し。
球体の加工は結構難しい…

IMG_7717
IMG_7718
FullSizeRender
FullSizeRender

最後に、こいつの飼い主用の指差し手をついでに作る。

IMG_7730
IMG_7731

バッと着色して完成。
きゃわわ

FullSizeRender
FullSizeRender

飼い主は誠に勝手ながらブレイド
雷繋がりで。

 

IMG_7728

モンスターボールを持たせて指差しさせたら完璧。
わたくしの中でポケットモンスター剣が始まった瞬間である。

FullSizeRender

大きさ的に、今まで作ってきた小さいものたちとの親和性が高い。

FullSizeRender
FullSizeRender

ブレイドに抱っこさせるとちょうど良いサイズ。
たまにこういったお手軽なものも作れると楽しい。

IMG_7905
また増やそう。


 

フルスクラッチ 仮面ライダーギャレン製作記録 完成編

前回からの続き。
本体は割とすんなりいったんだよ本体は…


IMG_7470

ギャレンの(というかブレイド系の)顔面には透明なシールドがありまして。
ブレイドはまあなくても見た目はぎりぎり許容範囲だけど、ギャレンに関してはそうもいくまい…
そういうわけで、なんとかしてクリアパーツを作れないか試行錯誤することに。

まず試したのは薄くエポパテでシールドを作って、型取りしてUVレジンに置き換える方法。
型取りと複製はとても苦手なんだけど、やるしかない…

IMG_7475
FullSizeRender

透明なおゆまるをダイソーで大量に買い込んできた。
作った原型を、おゆまるで包んで型を作る…

IMG_7480

作った型に、UVレジンを流し込んでライトを当てて硬化。
形はまあそれっぽくなったけど透明度が低すぎる。
あと、厚みにむらがありすぎる。

IMG_7481
IMG_7482

左右作ってみたけど、これはアウトだな…

IMG_7517
IMG_7519

このあとも何度か同じように作り直してみるものの、結局うまくいかず断念。
厚みが均等にならなくて非常に見栄えが悪い。
違う方法を考えよう。

IMG_7521

第二案、透明プラ板0.2mmを熱加工して顔面に沿ったパーツを作れないかテスト。
結果、透明プラ板は熱で伸びるどころか縮むので向かないことが判明…
これもだめか…

IMG_7525

第三案、型取りにつかった透明なお湯丸をそのままパーツとして使う。
最初はそれっぽくできるんだけど、べたつくし強度が足りないので不可…
くっそー…

IMG_7530
IMG_7529
IMG_7531
IMG_7532

あんまりにもうまくいかないので、気分転換に一次サフ。
うんやっぱり本体はいいんだよ本体は…

IMG_7539
IMG_7542
FullSizeRender
IMG_7546

ついでにギャレンラウザーの本番用デッキも用意。
今回はカードの両面印刷をしたかったので、前回のようにラミネートシートは使わずに0.2mmプラ板に写真用紙を切り抜いたものを直接貼り付けた。



FullSizeRender
IMG_7554

さて気を取り直して…
透明な塩ビ板と、エンボスヒーターを使ってのヒートプレスを教えていただいて、さっそく材料と道具を買い込んできてやってみる。

IMG_7557

割りばしで挟んだ塩ビをエンボスヒーターで熱してヒタヒタにして、ギャレンの顔面にうおりゃああああああ

IMG_7558

何度も失敗したけどそれなりにうまくいったやつをトリミングして、できた…!
これで先に進める!!

IMG_7559
IMG_7561

顔面には使えなかった透明プラ板の熱で収縮する性質を利用して、バーニングディバイド用のエフェクトパーツを作成。

IMG_7564
FullSizeRender
IMG_7567
IMG_7566

UVレジンで適当にギャレンラウザーの発砲エフェクトも。
よし、塗装だ…!

IMG_7573
FullSizeRender

ギャレン本体のマルーンはなかなかいい色がなくて、結局あずき色に持ち合わせの赤とかを混ぜて作った。
見ているうちに、茶色なんだかピンクなんだかよくわからなくなった。

IMG_7578

緑の複眼がきれい。
クリアグリーンはずっとクレオスのGXじゃないほうのクリアグリーンを使っている。
透明度が高いしビカビカしていなくて非常に良い。

IMG_7579
IMG_7580
IMG_7581

ギャレンラウザーもおおむね想定通り。
できたぞ…!

IMG_7589
IMG_7591
IMG_7592
FullSizeRender

ギャレンらしい良い色味になった。

IMG_7595

『ドロップ』
『ファイア』
『ジェミニ』

IMG_7596

『バーニングディバイド』
ザヨゴオオオオオオオオオオオ

IMG_7597
IMG_7598

(まあ、ディバイドはできないんですけどね…)

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

三人までそろった。
こんなにサブライダー作ったのは…アマゾンシグマ以来かな…?



FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_7661

ずいぶん昔から思い入れのあるダディを、こうして立体化できて感無量。
毎回言ってるけど今回もとても楽しかった。

IMG_8067

調子に乗ってこんなもんも作ってみた。
気に入って今でもPCの壁紙に使っているwww

IMG_7654

さて、ここまできたらやるしかないでしょうムッキー…!
もうハブラレンゲルなんて言わせない。

次回、仮面ライダーレンゲル製作記録に続きます。


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: