かれ~うどん&もなかVer2.5

ベンチプレス…デッドリフト……パワーマックス……あとはわかるな? 軽さは不要、筋肉の加護あれ

フルスクラッチ 仮面ライダーアギト グランドフォーム 製作記録

2作目のオメガくんが反省点だらけだったので、その反省を生かしたくてすぐさま次作に取り掛かり。
アマゾンズからは一旦離れるけど、頭の中になぜかシックでかっこいい(と勝手に思っている)アギトが思い浮かんだので早速スタート。

IMG_3136
IMG_3137
IMG_3149

顔まわりはアルファくんともオメガくんとも違う、全体的に丸っこい頭にツノついた系だったけど、思いの外ツノ〜クラッシャーあたりがうまく削り出せて楽しさMAX。
ツノはプラ板ベースにしてエポパテを貼り付ける、昔作ったBB戦士と同じような作り方

FullSizeRender
IMG_3158
IMG_3163

四肢作って、ポーズをとらせてみる。
この時点でもうだいぶ思い描いた通りに作れて動かしているだけで楽しい。

IMG_3172

そして思い切ってクロスホーンの展開収納ギミックを仕込んでみる。
大したものでもないけど、ツノ自体が結構薄くて、可動軸仕込もうとすると割れるんじゃないかと思ったけどなんとか割れずに済んだ。
2.9mmドリルで開口してポリ3.0mmの軸入れて、1.3mmプラ板でチビツノ4枚作って繋げた。
ポリ軸にしたので摩耗にも強い

IMG_3180
IMG_3181
IMG_3188

これは傑作の予感…

IMG_3219
IMG_3226
IMG_3228
IMG_3235
IMG_3236
IMG_3243

着色。
前回よりマスキングを多用したけど、一部完全乾燥前のとこがあったようで塗膜を荒らしてしまった。
が、思った以上にアギトになった。
黒と金、差し色の赤がとても良くてこれまた塗ってて非常に楽しかった。

IMG_3260
IMG_3261

黒い画用紙にエアブラシそのまま使って紋章書いてみたりもした。

IMG_3259
IMG_3258

手パーツはリューターでだいぶ作りやすくなった。
適当にそれっぽい線を思い浮かべてリューターでなぞってやると、なんとなくそれっぽい形になる

IMG_3316
IMG_3320

IMG_4245
IMG_4246
IMG_4248
IMG_4247
IMG_4249
IMG_4250
IMG_4251

撮影も楽しい。
このライダーといえばこのポーズってのがあるとやりやすい

IMG_4145
IMG_4144

作ってる時も撮ってる時もあまりに楽しかったので、彼だけ優遇措置で乗機も製作…中(2018年8月21日現在)。
これはまた別のお話。

IMG_4169

最初から最後まで、えらい楽しかった第三子アギトくんでした。



フルスクラッチ 仮面ライダーアマゾンオメガ 製作記録

アルファ作ってみて、なんだ気合いで意外といけるじょんとか調子に乗ってすぐさま二体目作り始めた。
アルファと並べたい一心でオメガくん。

IMG_2807
IMG_2814
IMG_2817

ところがどっこい、なかなか顔が似なくて複眼と耳を何度も作り直し。

IMG_2893
IMG_2905
IMG_3050

3回目の大規模修正でようやくそれっぽい形になった。

IMG_3047

この辺から少しずつ、購入したリューターとダイヤモンドビットを使い始める。
が、なかなかうまくいかない。

IMG_3068
IMG_3067

全身に走った赤いラインとか、アルファくんにくらべて規則的なラインが多くて、技術が足りずに四苦八苦

IMG_3079

なんとかいちおう形にはなった。

IMG_3094
IMG_3095
IMG_3113

着色。
シルバーの上からクリアグリーン被せたけど、色が濃すぎて少々オメガみに欠ける。
わざわざ段落ちにした赤いラインは塗装もうまくいかず、次回からある程度細かい部分もやっぱちゃんとマスキングしてエアブラシでやろうと思った。

FullSizeRender
IMG_3690
IMG_3731

などなど、完成度にはかなり不満が残るオメガくんだったけど、写真撮り始めてからわたくし内で評価が一変。
よく動くし良い子じゃん。
当家のエポパテチビライダーズのなかで唯一各関節にポリキャップを仕込んだので、ガシガシ遊んでもヘタりに耐性があって安心。

IMG_3920

アルファくんと並べるとなんとなくキレイだし。
後ほど折を見て手直し入れてバージョン1.5にしてあげたい。
もちろんニューオメガもつくりたい。

フルスクラッチ 仮面ライダーアマゾンアルファ 製作記録

5月半ば、突如エポパテでアマゾンアルファをフルスクラッチで作ってみようと思い立った。
フルスクラッチなんてやった事ないけど、大事なのは気合と根性だと思って、手が動くまま突き進んだ。

IMG_2562
IMG_2563
IMG_2566

まずは顔を作るため、今までにないほどの量のエポパテを一気に捏ねた。
エポパPROの全容量の半分くらい?
ナイフとヤスリで削り出して、多少盛り直して、概ね思い描いた通りの形になった。

IMG_2581
IMG_2590
IMG_2601
IMG_2628

続いて胴体、四肢のベース作成。
肘と膝にはwaveのプラサポ03、足首は関節技ボールジョイント、首と肩と股関節はイエサブの球体ジョイントを使用。
なるべく等身を低くしたかったので、全てのパーツを頭より小さく作ることを心掛けた。
可動もまずまず。

IMG_2641
IMG_2642
IMG_2645

ライダーといえばクリアな複眼。
でもエポパテでは透明感もへったくれもないし、なにより複眼のパターンを表現できないのは嫌だったので、目玉を抉り出して作り直し。
エポパテでベースを作って、硬化前に複眼パターンぽいものを作って、硬化後にシルバーで塗って、さらにその上からUVレジンを被せて硬化させた。
複眼表面の曲線はUVレジンの表面張力で作ったので、ヤスリ等はかけていない。
コンパウンドで磨くの面倒だし。

IMG_2705

エポパテやら光硬化パテをベースに盛って四肢のディテールを煮詰める。
全身の傷を彫り込むのが楽しかった。

IMG_2730
IMG_2734
IMG_2759

着色。
赤い部分はブラック→シルバー→クリアレッド→クリアオレンジ→クリアレッドと重ねたので、そこそこ良い色になった。
複眼は通常の緑と2ndシーズンの白を用意。
エアブラシの使い方が今ひとつ分かっておらず細吹きできなかったので、背ビレ周りのグラデーションが再現できなかったのが心残り。

IMG_3407
IMG_3406
IMG_3693
IMG_3752
IMG_3782
FullSizeRender

一作目にしてはいろいろうまくいって、非常に動かしやすくて遊びやすいので撮影も楽しい。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ