かれ~うどん&もなかVer2.5

少しの発想とエポパテだけあればそれで。

2019年08月

フルスクラッチ アイアンマンマーク3 製作記録

人間の顔は今のところ作れない…
けどそれは、裏返せば人の顔でないものならなんとか作れるということでは?
やってみましょか17体目、アイアンマン。

IMG_5741
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
わかっちゃいたけど、首から下に比べて頭部、とりわけ顔面はけっこうシンプルデザインで特徴出しつつデフォルメするのがけっこう難しい。
ちょっと頬骨張りすぎたかなあ

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
胴体部はメカメカしてるのでスジボリが多くなりそうな予感。

FullSizeRender
IMG_5757
IMG_5758
ひとまず四肢を生やす。
胴部分はZOと同じ三段構造。
いつも通りの素体の作り方でポージングは問題なさそう

FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_5770
手始めに胴体の形を煮詰める。
背中の段落ちとスジボリがとても楽しい。

IMG_5771
IMG_5772
IMG_5778
IMG_5779
IMG_5781
IMG_5782
他の部分も徐々に削り出して行く。
膝から脛にかけて末広がりになっている形状を縮めるのがなかなか頭の中でイメージできなくて、複雑なパーツではないものの最後まで手こずった。

IMG_5785
IMG_5786
IMG_5787
IMG_5788
捨てサフ吹いて形状確認。
概ね想定通り。

IMG_5795
IMG_5797
IMG_5798
IMG_5799
IMG_5801
磨きをやりつつ、手足のエフェクトパーツを作る。
透明化したかったけど、特に置き換えはせずにエポパテそのままでグラデーションかけることにした。

FullSizeRender
塗装開始。
シルバー塗って、アークリアクターと目にUVレジンを挿して硬化させる。

IMG_5809
IMG_5811
このままアイアンマンマーク2と言い張れないこともなさそうだけど、クリアレッドを重ねて行く。
…んだけど、肝心要の頭部で凡ミスを連発しドボンすること三度。
クリア塗装は慌ててはいけない…

IMG_5819
IMG_5820
完成。
自分で作ったものながら、背中側の情報量がとても良い。

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_5823
IMG_5824
エフェクトパーツはホワイトをベースにしてクリアオレンジでグラデーションにした。
ここはやっぱりなんとかしてクリア素材に置き換えるべきだったなあ

IMG_5826
IMG_5829
ちょっと黄色味が強かったかなあ…
そして遊んでいるうちにどんどんハゲるクリアレッドとクリアイエロー。
クリアカラーなのでレタッチしようとすると色合いがそこだけ変わってしまって修復が難しい…
いっそのことダメージバージョンにするのもアリかと思ったけど、このギラギラ感も好きなので今はまだこの仕様のままにしてある。

FullSizeRender
次回を待て…!

フルスクラッチ 仮面ライダーオーズ 製作記録

四月に転職して以来、通勤時間というか電車に乗っている時間が片道90分弱⇒7分に激減したので、
ブログを書く時間がなかなか確保できなかった…
そういうわけで、気を取り直してちょっと前に作った16体目、オーズの話でも。

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
勝手知ったるオーソドックスな複眼の作り方。
顔周りの絶妙な段落ちとかラインとかが楽しかった。

FullSizeRender
FullSizeRender
オーラングサークル、気合と根性で彫ったものの、あまり精度出ず…
いったん放置して他の部分を作ることにした。

IMG_5630
IMG_5631
IMG_5632
トラクロー、どうにか可動化したくてひとまずプラバンからそれっぽいパーツを作ってみる。

IMG_5633
IMG_5634
IMG_5635
IMG_5636
エポパテで基部を作って、どうにか可動化できた。
ちょっと保持力弱いけど、まあいいか。

IMG_5638
FullSizeRender
オーズドライバーやら全身の細かいラインを彫り彫り。

IMG_5641
IMG_5642
ひとまず全身できたかな。
手足の短さもいい感じ。」

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_5659
メダジャリバーはプラバンから削り出し。
ちょっと小さくしすぎた…

IMG_5660
オースキャナーは専用の持ち手を作った。
通常時は真鍮線で腰に接続。

IMG_5661
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
オーズやるなら絶対に作りたいと思っていたアンクの右手。
ちょちょいと気合を入れて、削り出し。

IMG_5666
FullSizeRender
IMG_5668
IMG_5669
手首にだけ関節を仕込んで、表情付け(?)ができるようにした。

FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_5672
捨てサフ。
パーツ点数がそこそこ多いな…

IMG_5673
IMG_5674
IMG_5675
IMG_5676
IMG_5678
FullSizeRender
やりたかったことは大体詰め込めた。
あとは…

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
ここにきて、放置していたオーラングサークルを思い切って全消し。
下書きからやり直して、彫りなおした。
一回目が良い練習になったので、反省点を踏まえて丁寧に彫る彫る。

IMG_5703
あとはいつも通り、なるべく丁寧に磨いて捨てサフをいったん引っぺがして

FullSizeRender
IMG_5711
塗装開始。
アンクのグラデーションは下地にシルバーを吹いて、
その上から各クリアカラーをエアブラシの細吹きで塗った。

FullSizeRender
オーラングサークルの最終形。
そこそこ寄せられたかな…

IMG_5721
IMG_5718
IMG_5725
完成。
色数もパーツ点数も多くて塗るのに一苦労…

FullSizeRender
IMG_5733
FullSizeRender
IMG_5724
IMG_6193
そこそこ写真写りのよい子が作れた。
この製作で彫りの精度と細かさが一段レベルアップした気がしている。

IMG_5788
さて次は…
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: