5月半ば、突如エポパテでアマゾンアルファをフルスクラッチで作ってみようと思い立った。
フルスクラッチなんてやった事ないけど、大事なのは気合と根性だと思って、手が動くまま突き進んだ。

IMG_2562
IMG_2563
IMG_2566

まずは顔を作るため、今までにないほどの量のエポパテを一気に捏ねた。
エポパPROの全容量の半分くらい?
ナイフとヤスリで削り出して、多少盛り直して、概ね思い描いた通りの形になった。

IMG_2581
IMG_2590
IMG_2601
IMG_2628

続いて胴体、四肢のベース作成。
肘と膝にはwaveのプラサポ03、足首は関節技ボールジョイント、首と肩と股関節はイエサブの球体ジョイントを使用。
なるべく等身を低くしたかったので、全てのパーツを頭より小さく作ることを心掛けた。
可動もまずまず。

IMG_2641
IMG_2642
IMG_2645

ライダーといえばクリアな複眼。
でもエポパテでは透明感もへったくれもないし、なにより複眼のパターンを表現できないのは嫌だったので、目玉を抉り出して作り直し。
エポパテでベースを作って、硬化前に複眼パターンぽいものを作って、硬化後にシルバーで塗って、さらにその上からUVレジンを被せて硬化させた。
複眼表面の曲線はUVレジンの表面張力で作ったので、ヤスリ等はかけていない。
コンパウンドで磨くの面倒だし。

IMG_2705

エポパテやら光硬化パテをベースに盛って四肢のディテールを煮詰める。
全身の傷を彫り込むのが楽しかった。

IMG_2730
IMG_2734
IMG_2759

着色。
赤い部分はブラック→シルバー→クリアレッド→クリアオレンジ→クリアレッドと重ねたので、そこそこ良い色になった。
複眼は通常の緑と2ndシーズンの白を用意。
エアブラシの使い方が今ひとつ分かっておらず細吹きできなかったので、背ビレ周りのグラデーションが再現できなかったのが心残り。

IMG_3407
IMG_3406
IMG_3693
IMG_3752
IMG_3782
FullSizeRender

一作目にしてはいろいろうまくいって、非常に動かしやすくて遊びやすいので撮影も楽しい。