IMG_4280

先日、新宿ヨドバシでの思わぬ邂逅によりついに増やしてしまったフィギュアーツ、BLACKとBLACK RX。
ガッシガッシと遊んでいてふと気がついてしまったんですな。

IMG_4291

BLACKクッソカッコよくね?
と。

いやまあ当たり前のことかもなのだけど、RXの記憶の強いわたくし的にはちょっと新鮮な感覚だったのです。
そういうわけで、シグマくんが終わると同時に早速取り掛かる。
こういうのは突発的な衝動と気合が大切だと思うわたくしでございます。

IMG_4352
IMG_4353
IMG_4354
IMG_4355

いつも通り頭部から。
…なんだけど、こういう整然とした?規則正しい?シンプルなラインて歪みとか左右のズレとかが直接的に見えて誤魔化しづらいので、わたくしにとっては死ぬほど難しい。
オメガくんの時に思い知った…
しかも左右それぞれ3本ずつて、鬼かと。
ひとまず光硬化パテでライン作ったけどびみょーーーーーー

IMG_4357
IMG_4359
IMG_4360

頭部で行き詰まると手が止まりかねないので一旦ほどほどにしておいて、首から下の作成。
肩は定番化した磁石接続。
アゴがデカすぎたので削ってふた回り小さく作り直した。

IMG_4361
IMG_4362
IMG_4363

最近、こういった手首の差し替えパーツを作るのが苦ではなくなってきた。
いっつも塗装直前まで放置して、時間足りなくなって急いで作るので多少慣れたのかもしれない。
カッターやらダイヤモンドビットやらをリューターに取り付けて適当にモニョモニョ削る。

IMG_4365
IMG_4366
IMG_4367
IMG_4368

四肢が揃ったところでテンションが上がり、
件のブラァッ!!!をさせて遊んでみる。

IMG_4369
IMG_4370
IMG_4373
IMG_4372

ライダーパンチもさせてみる。

IMG_4392
IMG_4398

ふと思い立って、電飾付きのエフェクトパーツを作ってみた。
おゆまるで適当な型を作って、いつも複眼に使うUVレジン流して、発光ダイオードの玉を刺して固めただけの簡素なもの。
光量が全く足りていない…

IMG_4396
IMG_4397

バイタルチャージャーやらフィルブローンやら。
スーツ本体がシンプルな分、細かい部分も作り込んだ。

IMG_4409

手足のパワーストライプスもなんとか彫って、基本工作完了。

IMG_4419
IMG_4420

塗装は思ったよりもマスキングすることが多くて、色数のわりに時間がかかり半日以上かかってしまった。

IMG_4424
IMG_4425
IMG_4426

着色完了。
仕上げはガシガシ遊ぶことを想定してセミグロスを厚めに吹いた。
んだけどハンドピースのカップのフタにどうやらシルバーが残ってたようで、全身うっすらラメが入ってしまった…
カップはフタまでちゃんと洗おう…

肘関節部はポリキャップそのままなのでさすがにフィルブローンの造形はできなかったけど、せめてそれっぽい色にしたいと思って瞬着プライマーを塗って瞬着を薄く盛って、その上からラッカーで着色。
股関節の球体ジョイントもポリカーボネート製でそのままだと塗装できなかったので、直接瞬着塗りつけてその上から強引に着色。
瞬着は強い。

IMG_4423
IMG_4430

可動範囲もまあそこそこ。

IMG_4431

パワーチャージャー、塗装後にUVレジンながしこんだので結構綺麗にできたと思っている。

IMG_4436
IMG_4480
IMG_4437
IMG_4428
IMG_4486

ライダーッッパンチ!!!
エフェクトパーツはもう少し頑張りましょうレベル。

IMG_4447
FullSizeRender
IMG_4450

RXくんとならべるととても落ち着く。

IMG_4452

フィギュアーツと並べると、大人と子供というよりヒトとドワーフ。
だがそれがいい。

やっぱお腹の紫がちょっと濃すぎた。

IMG_4463

エポパテチビライダーズも7人目。
そろそろ横一列に並べて集合写真撮るのは限界…
次からひな壇みたいにしよう。