ずっと作ってみたかった電王、やるなら平ジェネを見た今しかねえ!ということで着手。

IMG_5355
IMG_5357
IMG_5360
IMG_5361
IMG_5363
IMG_5367

実は電王を作ろうとしたのは初めてではない…
クウガを作り始める前、やってみたものの特殊な複眼の形と顔の構造で手詰まって挫折してしまった…

今回もまた複眼どうするか悩んだ結果、一度硬化させてからパターンを「削り出し」てからいつも通りUVレジンでコートした。

眉間のモールドはナイフと根性で削り出し。

FullSizeRender
IMG_5395

顔さえできてしまえばこっちのもの。
勢いに任せて胴体を削り出す。

足首の構造だけ変更。
いつものスリッパみたいな形をやめて、普通の靴のようなものを作ってリューターで削って、深いところに関節を仕込む。
これなら関節位置がスリッパとあまり変わらず、自然な形を作れる。

IMG_5396
IMG_5401
IMG_5402
IMG_5403
IMG_5404
IMG_5405

なにやら今までになく、自然なポーズが可能になった。
デフォルメ感は初期と比べると足がものすごく小さくなった。
頭身は一貫して三頭身。

二重になってる肩パーツは、胸から伸びたウイング状の方は胸に直結非可動、内側の丸い方は別で薄く作って肩関節に両面テープで直付け。
いつものネオジム磁石式より薄くて、ポロリしづらくて、かつよく動く。

IMG_5413
IMG_5414
IMG_5415
IMG_5416
IMG_5417
IMG_5427

捨てサフ。
だいたい思い描いた通りの形になった。

IMG_5432
IMG_5431
IMG_5429
IMG_5430
IMG_5433
IMG_5434

デンガッシャーは変形合体こそ諦めたものの、「俺の必殺技パート2」をやりたくて剣先を別パーツ化。
エフェクトパーツを透明プラ棒を炙って作った。
珍しくプラ板だけで作った武器だったけれど、しっかり接着して積層してしまえばエポパテとそう変わらない。

IMG_5437
IMG_5438
IMG_5439
IMG_5440
IMG_5441
IMG_5444

武器が出来上がって、ひとしきり遊ぶ。
ライダーパスを右手で持ち、左手でデンガッシャーを持ってることも多かったので、珍しく握り手を左右作った。

IMG_5445

11作目のカブト以降、念入りにやってる磨き。
くたびれた神ヤス400で磨く磨く。

IMG_5453
IMG_5454
IMG_5455
IMG_5456
IMG_5458
IMG_5457

着色。
メタリックカラーが主体なわけではないので、思っていたより地味かな…?
平ジェネでも印象的だった後ろ姿を頑張ったつもりだったけど、塗りが甘くて残念。

IMG_5459
IMG_5460
IMG_5461
IMG_5462
IMG_5463
IMG_5464

デンガッシャー周りもだいたい思った通り作れて満足。

IMG_5465
IMG_5466
IMG_5467
IMG_5468

ディケイドやらモモタロスやらと絡ませて遊ぶと楽しい。

IMG_5481
IMG_5571

以上、仮面ライダー電王ソードフォームでした。