前回仮面ライダー剣シリーズを突っ走ると誓ったわたくし。



早速ライバルライダーである仮面ライダーカリスに着手。

IMG_7049
IMG_7061

複眼が特徴的だけど、はてさてどうやって作ろうかな…

FullSizeRender

まずはクラッシャー部分から削り出し。
こういう段々モールドは結構得意。
ナイフでサクサク進む。

FullSizeRender

複眼はエポパテでベースを作って、薄くUVレジンをかぶせてつくるウィザードと同じ作り方。
あの時もだいぶ苦労したけど、うまくいくかな…



IMG_7067
IMG_7070
IMG_7071

ベース部分の反射率を上げるために、よく磨いてクロームメッキシルバーを吹く。
まあここまでは予定通りだが…
これにUVレジンをかぶせてクリアレッドを

IMG_7074

あっ…

FullSizeRender

UVレジンを厚くかぶせすぎてエッジが死んだ…
またやらかしたな…

FullSizeRender

いったん見なかったことにして先に進む。
複眼を覆うようにしてデコとツノをつける。

FullSizeRender
FullSizeRender

硬化後に削って整える。
細くて気を使うが強度的にはまあ許容範囲。
しかしツノの大きさが読めないなこれは。

FullSizeRender

相川始…!

FullSizeRender

顔の模様も段落ちで作って、お顔周りはだいぶできてきた。
しかしこれは…この複眼は…
再度見なかったことにして今はひたすら先に進む

IMG_7100
IMG_7101
FullSizeRender

手足をつける。
ブレイドよりすこしだけスマート気味。

FullSizeRender

ちょっと顔がデブってんな…
あとで幅を切り詰めよう

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

カリスアローをプラ板で試作して大きさの様子見。
刃の基部に可動を仕込む予定。

IMG_7127
IMG_7128
FullSizeRender
FullSizeRender

細かい彫り込みを入れていく。
同時に小顔化とツノの小型化も。
さてここまでくるとやはり気になるなボテボテの複眼が…

IMG_7145

意を決して、エッジを取り戻すべくクリア層にゴリゴリやすりを入れて削る削る。
形的には少しはましになったか…?
削りすぎて一部下地まで貫通しちゃったけど…
やすりの番手を上げて、磨いて再び着色。

FullSizeRender

うーーーーん…?

FullSizeRender
FullSizeRender

多少はましになったけど…
本当にこれでいいのか…?
色味も微妙だし…

FullSizeRender

現実逃避をするべく彫り込みを進める。
全身のバランスはいいんだよなすごく。
削っていて楽しい。

IMG_7171
IMG_7172

カリスアローとの合体ギミック再現のため、バックルは二重構造化。
1.0mm真鍮線で接続。

IMG_7177

取り外して、こんな感じで合体予定。

IMG_7205
FullSizeRender

全身の彫り込みがだいぶ進んできた。
脚の金ラインはスジボリで対応。
ここまでくるとやっぱり気になるな、気になりすぎるな、複眼がよおおおおおおお

IMG_7228

ええい作り直しじゃ!!
いまま作ってた複眼にエポパテをかぶせて全やり直し。

IMG_7237

削って削って、

FullSizeRender

磨いてシルバーを吹く。
いつもここまではいいんだよここまでは。
ここからいかにエッジを殺さずにレジンを盛れるかが勝負。

FullSizeRender

ビビッてクリア層がかなり薄いものになっちゃったけど、エッジが死ぬよりはマシよ。
クリアレッド吹いて三度目の複眼完成。

IMG_7240
FullSizeRender

ようやく納得のいく複眼になったぞ…
このタイプの大玉複眼は本当に苦手…
しかしここまで来てしまえばこっちのもんよ。
あとはカリスアローのギミックを作り込んでしまえば塗装に入れる。

次回、完成編に続く。