前回からの続き。
本体は割とすんなりいったんだよ本体は…


IMG_7470

ギャレンの(というかブレイド系の)顔面には透明なシールドがありまして。
ブレイドはまあなくても見た目はぎりぎり許容範囲だけど、ギャレンに関してはそうもいくまい…
そういうわけで、なんとかしてクリアパーツを作れないか試行錯誤することに。

まず試したのは薄くエポパテでシールドを作って、型取りしてUVレジンに置き換える方法。
型取りと複製はとても苦手なんだけど、やるしかない…

IMG_7475
FullSizeRender

透明なおゆまるをダイソーで大量に買い込んできた。
作った原型を、おゆまるで包んで型を作る…

IMG_7480

作った型に、UVレジンを流し込んでライトを当てて硬化。
形はまあそれっぽくなったけど透明度が低すぎる。
あと、厚みにむらがありすぎる。

IMG_7481
IMG_7482

左右作ってみたけど、これはアウトだな…

IMG_7517
IMG_7519

このあとも何度か同じように作り直してみるものの、結局うまくいかず断念。
厚みが均等にならなくて非常に見栄えが悪い。
違う方法を考えよう。

IMG_7521

第二案、透明プラ板0.2mmを熱加工して顔面に沿ったパーツを作れないかテスト。
結果、透明プラ板は熱で伸びるどころか縮むので向かないことが判明…
これもだめか…

IMG_7525

第三案、型取りにつかった透明なお湯丸をそのままパーツとして使う。
最初はそれっぽくできるんだけど、べたつくし強度が足りないので不可…
くっそー…

IMG_7530
IMG_7529
IMG_7531
IMG_7532

あんまりにもうまくいかないので、気分転換に一次サフ。
うんやっぱり本体はいいんだよ本体は…

IMG_7539
IMG_7542
FullSizeRender
IMG_7546

ついでにギャレンラウザーの本番用デッキも用意。
今回はカードの両面印刷をしたかったので、前回のようにラミネートシートは使わずに0.2mmプラ板に写真用紙を切り抜いたものを直接貼り付けた。



FullSizeRender
IMG_7554

さて気を取り直して…
透明な塩ビ板と、エンボスヒーターを使ってのヒートプレスを教えていただいて、さっそく材料と道具を買い込んできてやってみる。

IMG_7557

割りばしで挟んだ塩ビをエンボスヒーターで熱してヒタヒタにして、ギャレンの顔面にうおりゃああああああ

IMG_7558

何度も失敗したけどそれなりにうまくいったやつをトリミングして、できた…!
これで先に進める!!

IMG_7559
IMG_7561

顔面には使えなかった透明プラ板の熱で収縮する性質を利用して、バーニングディバイド用のエフェクトパーツを作成。

IMG_7564
FullSizeRender
IMG_7567
IMG_7566

UVレジンで適当にギャレンラウザーの発砲エフェクトも。
よし、塗装だ…!

IMG_7573
FullSizeRender

ギャレン本体のマルーンはなかなかいい色がなくて、結局あずき色に持ち合わせの赤とかを混ぜて作った。
見ているうちに、茶色なんだかピンクなんだかよくわからなくなった。

IMG_7578

緑の複眼がきれい。
クリアグリーンはずっとクレオスのGXじゃないほうのクリアグリーンを使っている。
透明度が高いしビカビカしていなくて非常に良い。

IMG_7579
IMG_7580
IMG_7581

ギャレンラウザーもおおむね想定通り。
できたぞ…!

IMG_7589
IMG_7591
IMG_7592
FullSizeRender

ギャレンらしい良い色味になった。

IMG_7595

『ドロップ』
『ファイア』
『ジェミニ』

IMG_7596

『バーニングディバイド』
ザヨゴオオオオオオオオオオオ

IMG_7597
IMG_7598

(まあ、ディバイドはできないんですけどね…)

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

三人までそろった。
こんなにサブライダー作ったのは…アマゾンシグマ以来かな…?



FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_7661

ずいぶん昔から思い入れのあるダディを、こうして立体化できて感無量。
毎回言ってるけど今回もとても楽しかった。

IMG_8067

調子に乗ってこんなもんも作ってみた。
気に入って今でもPCの壁紙に使っているwww

IMG_7654

さて、ここまできたらやるしかないでしょうムッキー…!
もうハブラレンゲルなんて言わせない。

次回、仮面ライダーレンゲル製作記録に続きます。