かれ~うどん&もなかVer2.5

少しの発想とエポパテだけあればそれで。

エポパテチビヒーローズ

ヤマシロン「ミニヤマくん」制作記録

しばらく放置していた当ブログでございましたが、お造形関係でちょっとした、しかしながらわたくしにとっては一生モンの出来事がございましたので久しぶりに更新いたします。
先日ようやく日の目をみた弊一門、造形処うどん一門製のヤマシロン、通称「ミニヤマ」達の生い立ち、お作り過程についてここに書き残します。
少々長くなりますが、お付き合いいただけましたら幸いでございます。
時は昨年末に遡ります。



ヤマシロン(初期型)制作

2020年12月、当時ドゲンジャーズ熱が盛り上がってきていたわたくしは
キタキュウマンさん、フクオカリバーさん、エルブレイブさんに続いてそのままの勢いで
ヤマシロンさんを作ることを決め、いつも通りエポパテでワンオフ品を作るつもりで制作を開始いたしました。

FullSizeRender

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_2403
IMG_2431

ここまではまあ、いつも通り何の変哲もない可動を仕込んだデフォルメ体型のフィギュアでございます。
今更何も説明することはありますまい。
ひたすら気合と根性で削り出しました。

FullSizeRender
IMG_2443
FullSizeRender
FullSizeRender

パイレンは少々変わった形の手持ち武器ですので専用の持ち手をお作りいたしまして、
本体は1.0mmのプラ板を積層しお作りしました。
入り組んだ形をしているので少々手こずりましたがなんとかそれっぽい形に仕上げました。

IMG_2474
IMG_2475
IMG_2478
FullSizeRender

下地処理をして、塗装をして、組み上げて完成。
グラデーション塗装が必要なパーツが多かったので少々時間がかかりましたが、問題なく仕上がりました。

IMG_2504
IMG_2493
IMG_2494
IMG_2489
IMG_2491
IMG_2495
IMG_2496
IMG_2498
IMG_2500
IMG_2501

いやーー、今回も良いフィギュアになりました。
そんなことを思って年の瀬をお迎えいたしました。
が、今回に限っては話はこれだけでは終わらなかったんですな。


ヤマシロン、出張


IMG_2958


年末から年始にかけてなんやかんやありまして、2021年1月に突如九州の彼の地、佐賀への出張が決まりました当家のヤマシロン(初期型)
創造主たるわたくしを差し置いてこの時初めてヤマシロンさんご本人様との邂逅も果たし、さながらキッザニアのようにいろいろな職業経験をさせていただきました。

IMG_2988

お土産もたくさんたくさんいただきまして、兎にも角にもありがたい、ありがたい出張でございました。
この時初めて食べたヤマぼうろの美味しさに当家内は一時騒然といたしました。
楽しい楽しい、出張でございました。
…が、話はやっぱりここでは終わらなかったんですな(2回目



ヤマシロン(新型)制作


そういうわけでして、またしてもものすごく色々なんやかんやありまして、
2021年2月よりヤマシロンを複数体お作りすることになりました。
幸い昨年末からすこしずつ経験を積んで新たに複製技術を会得しておりましたので、
量産にあたりましてはこれをフル活用いたしました。
ただし、先に作ったヤマシロン(初期型)は複製を前提とした作りになっておりませんでしたので、全パーツ作り起こしのヤマシロン(新型)を原型としてお作りするところからスタートいたしました。

IMG_3137
IMG_3407
IMG_3409
IMG_3410
IMG_3411


原型作り起こしに際しまして、初期型で納得のいっていなかった箇所は積極的に形を変えました。
例えば、
・顔面口部分の微妙な湾曲
・目つき
・肩の羽鎧パーツの横幅と反り具合
などなど。
全身のバランスも少々シュッとしすぎていたので、あえて全体的に縦方向に潰したようなデフォルメバランスを目指しました。

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

そして初期型には時間の都合上持たせなかった鈍器ーコンロも新規作り起こし。
こちらはヘッド部分を1.0mmプラ板の箱組で大まかな形を作り3.0mmプラ棒から柄を作り接続、
装飾はプラ板とエポパテでチャチャっと付けました。

FullSizeRender
FullSizeRender

FullSizeRender

一頻り磨きまして、洗って粘土埋めして、シリコーン流し。
昨年末よりいくつかの立体物複製を試みてきましたがまだ経験が浅く、
どうやったら楽に、きれいに抜けるのか、複製できるのかはまだまだ試行錯誤を繰り返しているところでございます。

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

パーツ点数が多いため、シリコーン型は4つに分割して制作。
パーツ点数が多くなればなるほど粘土埋めがより面倒になり、
さらに形状把握を誤ってレジンの巡りが悪くなる確率が上がります。
それでも何度か失敗を繰り返し、湯道やゲートの切り方を工夫しようやくパーツの量産ができる型を作り出すことができました。
ここに来るまで一体いくつの出来損ないパーツを作り出したことか…

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

レジンパーツの初期処理には賛否色々ございますが一応念には念を入れて抜いたパーツ達を煮沸し、
中性洗剤でゴシゴシ洗って使えるパーツ達を選り分け。
数体分ともなるとパーツ数がえげつないことになって参りますね…

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_3673
IMG_3671
FullSizeRender


使えるパーツ達の中から一つずつパーツを組み上げに適した形に変えていきます。
関節を仕込むための穴を開けたり、大きなバリを取ったり。
関節パーツで四肢をつなげてようやくそれっぽい形が見えて参りました。

FullSizeRender

FullSizeRender

そしてここからが気の遠くなる作業…
各パーツの気泡や欠け、形状不具合を一つずつチェックしながら取り除き、
併せて表面を番手の大きいやすりで磨き、逆エッジやスジを彫り直していきます。
積まれたパーツの物量が目に見えてなんというかこう山盛りでございますので、
文字通りパーツのヤマを崩していくような作業になりました。
ここが本当に長かった…

シリコーン型による複製は、一つずつワンオフ品をエポパテから削り出すよりは楽ではありますが、
それでも型作ったからあとはコピーして楽勝で完成、とは行かないのです。
わたくしのように複製の腕が悪いのなら、尚のこと…

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

それでもなんとか各部微調整を終えて、下地を塗り、いつも通り塗装をして参ります。
わたくしの作業机はそれこそ見渡す限りヤマシロンのパーツが所狭しと並んでいる異様な空間になりました。
まるで伝統工芸品を作っているかのような錯覚に陥りながら、
一つずつのパーツをエアブラシで、面相筆で丁寧に塗って、
関節パーツや2.0mmスプリングを使って四肢を、装甲を繋げてようやく完成。

IMG_3801
IMG_3802
こちらが、弊造形処うどん一門製のヤマシロン(新型)でございます。

IMG_4048

IMG_3769
IMG_3774


並ぶと壮観ですなあ。
彼らは就職後はそれぞれ配属先が異なるとのことですので、
こうしてヤマシロン兄弟達が一堂に会するのはおそらくこれが最初で最後の機会…
わたくしの元から旅立つ彼らには、それぞれカットナットラス、パイレン、鈍器ーコンロを持たせました。

FullSizeRender
FullSizeRender

今、別れの時…
梱包している時は正直若干泣きそうではありましたが、
彼らの弾む若い力を信じて送り出しましょう。
さらばだ!!



ミニヤマくん就職

こうして作られたヤマシロン(新型)の兄弟たちは、山代ガス株式会社様に就職していきました。
わたくしは2021年4月23日の保護者説明会と4月24日の就職説明会にいってまりました。

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_4093
IMG_4162

就職説明会ではわたくしの口から直接皆様に弊一門製ヤマシロン達の説明をさせていただきました。
ここまでさせていただける機会は一生のうちでもそうありますまい…

IMG_4082

ガンプラ改造から始まり、仮面ライダーのスクラッチを経て、ローカルヒーロー作りに移行し、
これまで完全にわたくし個人の趣味としてやって参りましたお造形でありましたが、
ここにきて徐々にその枠を超えつつあります。
次弾の情報もじきにお出しできるかと存じます。
ご期待いただければ幸いでございます。 

フルスクラッチ 仮面ライダーデルタ 製作記録

ファイズカイザと来たのでデルタを作る。
デルタのことは、実はノーマークであんまり知らなかったんだけどこの機会にいろいろ調べながら作ってみた。





IMG_8632
IMG_8634
IMG_8636
IMG_8637
FullSizeRender
FullSizeRender

もはや語ることはない、お決まりのアルティメットファインダーの作り方。
丁寧に、丁寧に。

IMG_8662
IMG_8666
IMG_8670

四肢を生やして、額にモールド入れて。
…と、ここまで来て気づいてしまった。
顔、でかくね?

IMG_8690

ツノもデコも作ってしまったこの段階からデコの位置を下げようとするとものすごい工数食うことはわかっていたので、考えあぐねた結果下瞼(?)とあごの位置を上げることを思いついた。
ぐるぐる一巻分くらいファインダーを小さくすることに成功した。

憂いはなくなった、あとはひたすら彫るのみ。

IMG_8697
IMG_8698
FullSizeRender
IMG_8702
IMG_8718
IMG_8722

少しだけ心配していた「F」文字型の肩、ちょっと苦労したけどなんとかそれらしい形になってよかった。

IMG_8723
IMG_8724

本体が粗方出来上がったところで、デルタ唯一の武装にして今回の肝、デルタムーバーの製作に着手。
本家の設定どおりオプションパーツが少ないので、デルタフォンとの合体、ブラスター⇒ポインターモードへの変形は何としても再現したかった。

まずは円柱状のパーツをエポパテで形成して、その下に台形状のパーツを貼り付け。
それにワセリンを塗りたくってエポパテで包んで外装部を作ってベースを作って伸縮可能とした。
デルタフォンを別途作って、真鍮線でムーバーに接続。

IMG_8730
IMG_8731

変形機構ができてしまえばこっちのもの。
資料と睨めっこしながら細部を削り出してデルタムーバー完成。
ビデオカメラのパカパカ部分はさすがに再現無理だった…

IMG_8729

なぜか途中で作りたくなったぼのぼの
三原君の穏やかさが、ぼのぼのを彷彿とさせる…わけではないけどなぜか作った。

IMG_8746

足裏も適当に彫って、

IMG_8748

削り出し完了。

IMG_8753
IMG_8750
FullSizeRender
IMG_8752
IMG_8755

いつもの手順で、ルシファーズハンマー用のエフェクトパーツを作る。
紙の折り方を少し変えたら、今までで一番とんがったエフェクトパーツになった。

さあ色塗るぞ。

IMG_8761
IMG_8762
FullSizeRender

なかなかいい面構えになったやんけ。

ライダーでは使うことの少なかったホワイトを結構使わなければならなかったので、塗装はちょっと大変だった…
色数少なく見えても、顔周りの塗り分けは結構手間がかかった。
最近頑張ることが少なくなったマスキングも、今回ばかりは避けて通れなかった…

それでもやっぱりホワイトの塗装は難しくて、パーツによって色の濃淡のばらつきが出てしまった。
今後の課題ですな…

IMG_8768
IMG_8769

デルタムーバーには塗装後レンズ部分にUVレジンを垂らして、クリアオレンジで塗って仕上げた。
小さいながらも満足な出来。

IMG_8785
IMG_8786
IMG_8787
IMG_8788

完成。
ファイズ系ライダーも3体目ということで、作り方にも慣れてきてスピードアップ、精度も上がってきた。

IMG_8783
IMG_8781
FullSizeRender
FullSizeRender

モノトーンカラーがシックで大変良い。
ルシファーズハンマーエフェクトはごく控えめにクリアパープルを吹いた。
光を当ててあげるとよい感じ。
あたりまえだけど、3人目だからファイズ系のライダーの中でも一番かっちり作れた。
次に作ると思しきファイズアクセルには技術をフィードバックしたいところ。

FullSizeRender
IMG_8780
FullSizeRender
IMG_8795
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_8771

劇中では3人並ぶことは多くなかったけど、やはり並べるとよいものですな。
ボリューム的には剣の4人には及ばないけど…



FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

手に取ってみると感動もひとしお…
555シリーズはいったんこれでひと段落ついてしまったけど、アルティメットファインダーの作り方を手が覚えているうちにアクセルブラスターも作りたい。


フルスクラッチ 仮面ライダーカイザ 製作記録

さて、ファイズを作ったなら当然カイザも作りますよ。
これほど並べて置きたい二人もそうそうおりますまい。



IMG_8388
IMG_8401
IMG_8402

ファイズと同じく、球体のベースにひも状にしたエポパテをぐるぐる巻きにしたものを乗せる。
前回はひもが太すぎてちょっと失敗したので、今回はもっと細いひもを作って慎重に巻いていった。

IMG_8420
IMG_8426

その上からバッテン状にエポパテを盛って、半硬化したところでぐるぐるを傷つけないように慎重に切り取った。
そこそこ良いけど、ちょっとバッテンをクロスさせる位置が上すぎたな…

FullSizeRender
IMG_8428
IMG_8433
IMG_8435

一気に四肢を作る。
ここはいつもと別段変わりなし。
素体の作り方はほぼこちらの通り。




IMG_8436

早いところカイザブレイガンを持たせたいなあ
今はBMCタガネで代用して様子見。

IMG_8438

ボディの形状はファイズに近いのでサクサク進む。
フォトンストリームが二本になってるのが多少面倒な程度。

IMG_8440
IMG_8441
IMG_8442

カイザブレイガンを試作。
やはりカイザにはこれがなければ。

IMG_8443
IMG_8444
IMG_8459
IMG_8460
IMG_8461

わーーーっと削り出す。
特にいうことなし。

IMG_8472

大変なのはここから…
まずはカイザフォンを装飾。
ミッションメモリはもちろん着脱可能。

IMG_8480

ブラスターモードにも変形可能。
ファイズフォンより簡素な変形機構なので楽だった。

IMG_8492
IMG_8493
IMG_8496
IMG_8497

続けてカイザブレイガンの本製作。
プラ板を積層したまではよかったものの、細い細い縁取りの形状をどうやって再現しようか考えあぐねた結果、精度を出すために削り出しではなくて極細のプラ板を貼りつけることにした。

IMG_8500
IMG_8502

スジボリ堂さんのRPカッターで均等な細いパーツを切り出して、

IMG_8503

貼り付け。

IMG_8524
IMG_8530

ブレード部分は0.1mm真鍮線で接続して着脱可能にした。

IMG_8532
IMG_8543
IMG_8542
IMG_8533

三つ目、カイザショット。
ファイズショットと形は同じなので、作り方はわかってるんだけどこれがまた面倒くさい…
気合で積層、削り出し、箱組して一丁上がり。
もちろんミッションメモリとも合体・変形可能。

IMG_8535
IMG_8545
IMG_8546

最後の難関、カイザポインター。
本当は展開した上に伸縮するギミックがあるんだけど、伸縮は再現できなかった…

IMG_8549
IMG_8550
IMG_8547

ミッションメモリ嵌めて、双眼鏡からポインターに変形させて足にガッチャンコ。
まあこんなもんかな…

IMG_8554

ファイズギアを超える物量…
さすがだぜカイザギア。

IMG_8555
IMG_8556
IMG_8557

腰回りゴテゴテ。
とても良い。

IMG_8561
IMG_8562
IMG_8563
IMG_8564
IMG_8565
IMG_8568
IMG_8574
IMG_8573

ちまちま細部を詰めて、時間に余裕があったので一次サフ。
まあまあカイザしてるぜ。

FullSizeRender

これまたファイズと同じく塗装後にぐるぐるの上にUVレジンをかぶせてアルティメットファインダーとした。
若干透明度が低いがまあ許容範囲…

IMG_8594

カイザフォン。
ちっさいけど、ファイズフォンよりきれいに作れた。


FullSizeRender
FullSizeRender

着色して完成。
フォトンストリームは黄色なので、隠ぺい力が強くなくて塗るのが結構大変だった…

IMG_8602
IMG_8663
IMG_8601
FullSizeRender
IMG_8605
IMG_8607
IMG_8609
FullSizeRender

各武装もそこそこ。
カイザブレイガンの精度が今一つなのがちょっと残念。

IMG_8611
FullSizeRender
IMG_8613
FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_8623
IMG_8625
IMG_8714
IMG_8809

たっくんと組み合わせるととても楽しい。

FullSizeRender
IMG_8679
IMG_8678

キャラが濃いので、何をやらせても嫌味を言ってそうに見える。
こりゃあ楽しいもんが作れた。

IMG_8851

変身者(???)も作ったけど、これはまた別のお話…

FullSizeRender

ファイズ、カイザときたら次は当然あれを作りますよ…!
戦え三原!!

フルスクラッチ 仮面ライダーファイズ製作記録 完成編

形はほぼできたので磨きに入る。


IMG_8333
ゴテゴテした見た目ではないのにやたらパーツ点数が多い…

IMG_8335

苦労したファイズギア。
腰から外せはしないけど、こうしてみると感慨深い。
いつかベルトだけ独立したパーツを作りたいなあ
(つくってみたのはまた別のお話)

FullSizeRender
IMG_8338
IMG_8339
IMG_8340
FullSizeRender
IMG_8346
IMG_8345
IMG_8348

久しぶりに全身にしっかり一次サフを吹く。
やっぱ毎回ちゃんとやるべきだよな…

FullSizeRender

磨けど磨けどなんか違う感の拭えぬ頭部。
大丈夫かな…

IMG_8355

パーツ点数が多いので全部磨くのはそこそこ骨が折れる。

IMG_8357

クリムゾンスマッシュのエフェクトパーツをいつも通りUVレジンで作る。
もっととんがらせたかったけどちょっと失敗…

IMG_8360
IMG_8361
IMG_8362
FullSizeRender
FullSizeRender

着色。
やはり頭部の精度がイマイチ…
逆エッジにはしっかりタガネでスジボリするべきだった。

複眼はグルグルの上からUVレジンを被せて硬化、最後にクリアイエローで着色。
もう少し厚みが欲しかったな…


IMG_8380
IMG_8381

ひとまずは完成。

IMG_8382
IMG_8383
IMG_8378
IMG_8385

ミッションメモリーとの変形合体ギミックは全部作り込んだつもり。

IMG_8415
IMG_8387
IMG_8372
体型的に厳しいことはわかっていたけど、なんとかこれをやりたかった。

IMG_8413

OPを再現してみたり、

IMG_8374
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

頭部は初めてのパターンだったので正直詰めが甘いけれど、グリグリ動く良いフィギュアになってくれた。

IMG_8432
さて次回。
ファイズ作ったら当然作らねばならないでしょう、カイザを。
カイザコールが聞こえる…(白目


フルスクラッチ 仮面ライダーファイズ製作記録 ファイズギア悪戦苦闘編

ファイズシーズン、突入。(唐突
前から作ってみたくはあったものの、アルティメットファインダーをどうやって作るか良い案が思い浮かばずずっと先送りにしていた。
決して良い案ではないけど実現方法を思いついたのと、職場の隣の兄ちゃんからのプッシュもあり着手。

IMG_8199
IMG_8204

まずはいつもどおりベースの球体を作る。

IMG_8203
IMG_8205

エポパテを細く伸ばして紐状にして、ぐるぐる巻く。

IMG_8206

それをベース球体に乗っける。
いけんのかこれ…

IMG_8214

硬化したらフチをエポパテ盛って作る。
半硬化したらなるべくぐるぐるを傷つけないようにトリミング。

FullSizeRender

アゴ付けて削り出し。
だいたいできたけどちょっと目がでかいかも…

IMG_8236

頭がだいたいできたので、他パーツも作り始める。
この小さい二枚の板はファイズフォンになる予定。

FullSizeRender

胴体は例によって胸と腹を別パーツ化。
クリムゾンスマッシュをやりたいので可動範囲は念入りに検討した。

IMG_8239
IMG_8240

ファイズフォン。
まずは蝶番を作ったけど、ブラスターにするにはもう一可動必要なんだよな…
とりあえず保留。

FullSizeRender
IMG_8254
IMG_8258

四肢が揃った。
なかなか良い体型。

IMG_8256
IMG_8257

可動範囲はもう少し頑張らないときついかもなぁ。
あとで足裏も彫ろう。

IMG_8265
IMG_8266

ファイズフォン、軸を追加してブラスターモードにもなるように改良。
ちっさ…

IMG_8269
FullSizeRender

あとはもう気合でゴリゴリ削り出すのみ。

FullSizeRender
IMG_8273
FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_8282
IMG_8292
IMG_8294
IMG_8295
IMG_8293

本体のデザイン自体は比較的シンプルなので割とサクサク進む。

IMG_8305

エクシードチャージ用の指差し手も作ったので恒例となったヨシ!も可能

IMG_8306

ヨシ!

IMG_8307

ファイズエッジは3mmプラ棒を軸に作った。
ミッションメモリーセット可能。

IMG_8308
FullSizeRender

耳彫って顔を詰める。
うーん初めての系統の顔だからってのもあるけど、精度がイマイチ…

FullSizeRender

さて問題は腰回りのファイズギア…
核武装がミッションメモリーと合体、変形するギミックあるけどどこまで再現したものか

IMG_8319

ケータイに懐中電灯にデジカメ…
こんなに色々腰に付けるのは初めてだな

IMG_8326
IMG_8325
IMG_8324
IMG_8323
IMG_8330
IMG_8331

ええい全部再現したれ
ファイズショットは変形のほかに収納も可能にした。
ケースの方は最近楽しいプラ板箱組み。

IMG_8328
よしよしだいたいできてきたぞ。
次回、完成編に続く。




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: